読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「故き胡弓」『測量船拾遺』

秋なり
ふるき胡弓を彈かましか

 

秋なり 秋なり
いとちひさなる草の實も 日ねもす秋を飛びゆくかな

 

今し季節の船出する
湊の鐘を聽けよかし

 

空に銅羅は叩かれて
落ち葉は谿をわたりくる

 

秋なり 秋なり
ふるき胡弓を搔い鳴らせ

 

何の情緒かとどまらん
あわただしくも流れくる 落ち葉の舞のひとつら

 

峡の小村をむらをよこしまに
越えまくほりし あはれまた索落とこそは散りうせたれ

 

ものの風情をかつはけち かつはゑがきつ うつろふ雲
雲もはだらに飛び散らふ 秋なり 秋なり

 

逆さおとしに鵲の
戞と啼き 來よとは呼んで谿間に落つ

 

狩の血しほは小徑にあり――
何の憂ひか手にあらん 手もて歌をば奏でつつ

 

黃葉離落の小禽らを踏みもて行けば
巖が根にそそと聲あり

 

聲ありて橡の葉は散る
うち濕めりたるそば づたひ

 

くき をめぐれど はや秋の 軍兵どもの影だに見えず
蟲の翅音のまれまれに 幕舎のあとのみ狼藉たり

 

ふりさけ見れば空遠し
空のみどり に手を染めん

 

彈かまし歌のありやなし
今は轉步に耐ふべしや

 

秋なり 秋なり なほ秋風のいくめぐり
地にあるものを舞はしむる

 

ここのなぞへの日溜りに
命とこそはうちまもる歌の器のいと 古りにたり

 

三好達治「故き胡弓」『測量船拾遺』(『全集1』所収)

「王に別るる伶人のうた」『測量船拾遺』

空に舞ひ
舞ひのぼり
噴水はなげきかなしみ
ひとびと
うなじたれ花をしくなり

 

哀傷の日なたに
花はちり
花はちり
見たまへかし
王がいでましのすがたなり

 

風に更紗のかけぎぬふかせ
ゆるやかに象があゆめば
み座ゆれ
ゆれ光り
銀の鈴がなるなり

 

象の鼻
をりふしに空にあげられ
のびちぢみ
樂しげに
樂しげにみゆきするなり

 

しづしづと
撥橋はおろされ
枢なりきしみ
ひとびと
うつつなる眼をぬぐふなり

 

かくて
日は昃り
日は沈み
影靑く丘を越えゆく
王がいでましのすがたなり

 

いやはての
いやはての
王がいでましのすがたなり

 

三好達治「王に別るる伶人のうた」『測量船拾遺』(『全集1』所収)

「パン」『測量船』

パンをつれて、愛犬のパンザをつれて
私は曇り日の海へ行く

 

パン、脚の短い私のサンチョパンザよ
どうしたんだ、どうしてそんなにくさめをするんだ

 

パン、これが海だ
海がお前に樂しいか、それとも情けないのか

 

パン、海と私とは肖てゐるか
肖てゐると思ふなら、もう一度嚏をしてみろ

 

パンはあちらへ行つた、そして首をふつて嚏をした
木立の中の扶養院から、ラディオの喘息持ちのお談議が聞える

 

私は崖に立つて、候兵ものみのやうにぼんやりしてゐた
海、古い小さな海よ、人はお前に身を投げる、私はお前を眺めてゐる

 

追憶は歸つてくるか、雲と雲との間から
恐らくは萬事休矣、かうして歌も種切れだ

 

汽船が滑つてゆく、汽船が流れてゆく
艫を見せて、それは私の帽子のやうだ

 

私は帽子をま深にする
さあ歸らう、パン

 

私のサンチョパンザよ、お前のその短い脚で、もつと貴族的に步くのだ
さうだ首をあげて、さう尻尾もあげて

 

あわてものの蟹が、運河の水門から滑つて落ちた
その水音が氣に入つた、――腹をたてるな、パン、あれが批評だよ

 

三好達治「パン」『測量船』(S5.12刊)

「峠」『測量船』

 私は峠に坐つてゐた。
 名もない小さなその峠はまつたく雜木と萱草の繁みに覆ひかくされてゐた。××ニ至ル二里半の道標も、やつと一本の煙草を喫ひをはつてから叢の中に見出されたほど。
 私の目ざして行かうとする漁村の人々は、昔は每朝この峠を越えて魚を賣りに來たのだが、石油汽船が用ひられるやうになつてからは、海を越えてその販路がふりかへられてしまつたと私は前の村で聞いた。私はこの峠までをひとりの人にも會はずに登つてしまつた。
 路はひどく荒れてゐた、それは、いつとはなしに雨に洗ひ流されて、野茨や薄の間にともすれば見失ひ易く續いてゐた。兩側の林では野鳩が鳴いてゐた。
 空は晴れてゐた。遠く、叢の切れた一方に明るく陽をうけて幾つかの草山が見え、柔かなその曲線のたたなはる向ふに藍色に霞んだ「天城」が空を領してゐる。私の空虛な心は、それらの小山を眺めてゐるとほどよい疲勞を秋日和に慰められて、ともすれば、ここからは見えない遠くの山裾の窪地とも、またはあの山なみの中腹のそのどこかとも思へる方角に、微かな發動機船の爆音のやうなものを聞いたのだつたが、(それはしばらく續いてゐたらしいのだが、)ふと、訝かしく思へて耳を澄まして見ると、もう森閑として何のもの音も聞えて來なかつた。時をり風が叢を騷がせて過ぎ、蜂の羽鳴りがその中を弓なりに消えていつてはまたどこからか歸つて來た。翼の白い燕が颯々と羽風を落していつた。
 私は考へた、ここにかうした峠があるとするからは、ここから眺められるあの山山の、ふとした一つの襞の高みにも、こことまつたく同じやうな小さな峠があるだらう。それらの峠の幾つかにも、風が吹き、蜂や燕が飛んでゐるだらう、そこにも私が坐つてゐる――と。そして私は、足もとに點點と咲いた白い小さな草花を眺めながら、それらの覆ひかくされた峠の幾つかをも知ることが出來た。
 私は注意深く煙草の火を消した。午後ははや少し遲くなつてゐた。そしてこの、恐らくは行き會ふ人もないだらう行手を思ひ、草深い不案内な降り道を考へると、人人の誰からも遠く離れた私の鳥のやうな自由な時間も、やはりあわただしく立ちあがらなければならないのを味氣なく感じた。旣に旅の日數は重なつてゐた。私は旅情に病の如き悲哀を感じてゐた。しかし私にあつて今日旅を行く心は、ただ左右の風物に身を托して行く行く季節を謳つた古人の雅懷でなければならない。もうすぐに海が見えるであらう。それだのに私の心の、何と秋に痛み易いことか!
 ああ、その海邊の村の松風を聽き、暗い旅籠の湯にひたり、そこの窓に岬を眺めよう、その岬に陽の落ちないうちに――。そして私は心に打ち寄せる浪の音を聞いた。私は峠を下つた。

 

三好達治「峠」『測量船』(S5.12刊)

「峠」『測量船』

 私は峠に坐つてゐた。
 名もない小さなその峠はまつたく雜木と萱草の繁みに覆ひかくされてゐた。××ニ至ル二里半の道標も、やつと一本の煙草を喫ひをはつてから叢の中に見出されたほど。
 私の目ざして行かうとする漁村の人々は、昔は每朝この峠を越えて魚を賣りに來たのだが、石油汽船が用ひられるやうになつてからは、海を越えてその販路がふりかへられてしまつたと私は前の村で聞いた。私はこの峠までをひとりの人にも會はずに登つてしまつた。
 路はひどく荒れてゐた、それは、いつとはなしに雨に洗ひ流されて、野茨や薄の間にともすれば見失ひ易く續いてゐた。兩側の林では野鳩が鳴いてゐた。
 空は晴れてゐた。遠く、叢の切れた一方に明るく陽をうけて幾つかの草山が見え、柔かなその曲線のたたなはる向ふに藍色に霞んだ「天城」が空を領してゐる。私の空虛な心は、それらの小山を眺めてゐるとほどよい疲勞を秋日和に慰められて、ともすれば、ここからは見えない遠くの山裾の窪地とも、またはあの山なみの中腹のそのどこかとも思へる方角に、微かな發動機船の爆音のやうなものを聞いたのだつたが、(それはしばらく續いてゐたらしいのだが、)ふと、訝かしく思へて耳を澄まして見ると、もう森閑として何のもの音も聞えて來なかつた。時をり風が叢を騷がせて過ぎ、蜂の羽鳴りがその中を弓なりに消えていつてはまたどこからか歸つて來た。翼の白い燕が颯々と羽風を落していつた。
 私は考へた、ここにかうした峠があるとするからは、ここから眺められるあの山山の、ふとした一つの襞の高みにも、こことまつたく同じやうな小さな峠があるだらう。それらの峠の幾つかにも、風が吹き、蜂や燕が飛んでゐるだらう、そこにも私が坐つてゐる――と。そして私は、足もとに點點と咲いた白い小さな草花を眺めながら、それらの覆ひかくされた峠の幾つかをも知ることが出來た。
 私は注意深く煙草の火を消した。午後ははや少し遲くなつてゐた。そしてこの、恐らくは行き會ふ人もないだらう行手を思ひ、草深い不案内な降り道を考へると、人人の誰からも遠く離れた私の鳥のやうな自由な時間も、やはりあわただしく立ちあがらなければならないのを味氣なく感じた。旣に旅の日數は重なつてゐた。私は旅情に病の如き悲哀を感じてゐた。しかし私にあつて今日旅を行く心は、ただ左右の風物に身を托して行く行く季節を謳つた古人の雅懷でなければならない。もうすぐに海が見えるであらう。それだのに私の心の、何と秋に痛み易いことか!
 ああ、その海邊の村の松風を聽き、暗い旅籠の湯にひたり、そこの窓に岬を眺めよう、その岬に陽の落ちないうちに――。そして私は心に打ち寄せる浪の音を聞いた。私は峠を下つた。

 

三好達治「峠」『測量船』(S5.12刊)

「落葉やんで」『測量船』

 雌鷄が土を搔く、土を搔いては一步すさつて、ちよつと小頸を傾ける。時雨模樣に曇つた空へ、雄鷄が叫びをあげる。下女は庭の落葉を掃き集めて、白いエプロンの、よく働く下女だ、それに火を放つ。私の部屋は、廊下の前に藤棚があつて、晝も薄暗い。ときどきその落葉が座蒲の下に入つてゐた。一日、その藤棚がすつかり黃葉を撒いてしまつて、濶然と空を透かしてゐた。

 

  飴賣りや風吹く秋の女竹
  やまふ人の今日鋏する柘榴かな

 

 病を養つて伊豆に客なる梶井基次郞君より返書あり、柘榴の句は鋏するのところ、剪定の意なりや収穫の意なりや、辯じ難しとお咎めを蒙つた。重ねて、

 

  一つのみ時雨に赤き柘榴かな

 

 そして私も、自らの微恙の篤からんことを怖れて、あわただしく故鄕へ歸つた。そこにも同じ果實が熟してゐた。

 

  海の藍柘榴日に日に割るるのみ
  冬淺き軍鷄のけづめのよごれかな

 

 二三度母のおこ言を聞いて、そして全く冬になつた。或は家居し、或は海邊をさ迷ひながら。

 

  冬といふ壁にしづもる棕櫚の影
  冬といふ日向に鷄の坐りけり

 

  落葉やんで鷄の眼に海うつるらし

 

三好達治「落葉やんで」『測量船』(S5.12刊)

「海は今朝」『砂の砦』

海は今朝
砂の上にきて笑ふ
巖のはなから月の出に
ゆうべまた若い女が身を投げた
海は今朝
砂の上にきて笑ふ
ひと晩暈(かさ)をきてござつた
お月さまは西の空に
無慈悲な海よ
薄情者よ
けれどもやさしくなつかしい
今朝の海よ
姿のない木魂のやうな
夏の日の通り魔よ
紺碧の魔女よ
無限の生を犠牲(にへ)とした
奈落の底からふく風が
死のため息の潮の香が海苔(のり)の薰りが
ああお前の微笑が私をさそふ
朝の海よ
すべての悔恨を希望の衣裳にきせかへる
薔薇色の朝の聖水盤よ
神の廣場の演説家よ
おかまひなしの歌手(うたひて)よ
無慈悲な海よ
薄情者よ
はるかなその水平線
海は今朝
砂の上にきて笑ふ
お前の價は一切だ
手荒な獵師の指先が獲ものの羽根をむしるやうに
貧しい旅人の私からすべてを奪ひ
私の影さへも奪ひ去つて
私を裸にし
私を大膽にする
ああ朝の海よ
太陽の踏む階段のひと曲がりする躍場(をどりば)よ
すべての思想はここにきて彼らの脂粉をぬりかへる
樂屋裏よ𢌞舞臺よ
海は今朝
砂の上にきて笑ふ

 

三好達治「海は今朝」『砂の砦』全文