三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「夏のおわりの日まわり」

 浜に出て沖を見ていた。ながく沖の方を見つめていた。ものに疲れた夏の日の昼すぎと、むなしいちぎれ雲と、遠くうつけた眼に見る薄曇り、気のせいほどの遠雷。ながらく私はそのむなしいものを見つめていた。ここにこみあう人々の群れにまぎれて、歌声や呼声や笑声や、風にとられて消えてゆくメガホーンの叫声や、すべてが跳(は)ねかえる混雑のはずみあった一種魔界の炎天の坩堝(るつぼ)の中から、私はひとり退屈していつまでも沖を眺めていた。その沖の方には何もなく、空には鳥かげも、水平線には島かげも、またそこを通る船の帆かげも見えなかった。そのいつまでも空(むな)しい広がり、もと私は、あそこの風の中の虚無を愛するものではない。むしろ私はこの雑踏が好きだ。水泳着の若い娘が肩をあつめて寄りあっているさざめき、私はそれを聞くのが好きだ。けれども、けれどもまたあの沖の方には、何かしら、何かしらあわれな非在のものがあった。うち寄せてくる波の一うち、一うちごとに、つねにうち消される何ものかが、そこにはあるように思われた。そこには微(かす)かな、思いなしほどの遠雷の声があった、やがてそれが耳に聞えて、こちらの方へ押し寄せてくるまでは――

 

 夕立がすんで私は庭に出た。空はもう一度青く晴れて、今日の日の残りは、そこにもう一度太陽の輝く青空を見せた。日まわりは濡(ぬ)れて乾いた。夏のおわりの日まわり――

 

  青空にさしのべたれど
  そはわが手よりなほ高く
  なほ三尺の空にありし

 

 日まわりの花。古い私の、くさぐさの、思い出の磊塊(らいかい)。花は重たく傾いて驟雨(しゅうう)のあとの青空に、花は重たくうなだれている……。「手をあげよ、青空へ!」けれども私はもう二度と……、そうすることをしなかった……。しなかった、なぜだろう。理由のわからぬこと、一つの方角。いまはすなおにその声にしたがうがいい……。心をいたわり、眠らせよ。

 

 けれども私はひそかに苦しんでいたのだ。解けない数学の問題に苦しむ子供のように、私はその大輪の重たさ、その花の重たさにいつまでも苦しめられていたのだ。その日の暮れてしまうまで。日まはりとは、何だろう。
 夜がきてやさしい答えをささやいた。――時計だよ、君。なるほど、
  日まわりは日時計

 

 夏のおわり日まわりは、堅い台(うてな)をかたむけて、もうその姿もこわばって、まばゆい黄金の獅子(しし)の鬣(たてがみ)をめぐらした。あらぬ方(かた)に。日まわりは日時計、それは一つの運命の、日まわりは日時計

 

 

三好達治「夏のおわりの日まわり」

中野孝次編『三好達治随筆集』岩波文庫、1990年1月16日)

「玫瑰の花」『百たびののち』

冬の夜の二時三時 こんな夜ふけ 會ひたくなつたよ
潮かほる 北の濱べの 砂山の かの玫瑰(はまなす)の花
二晩三晩 今晩もまた爐に近く
乙女らが來て匂ふやうだ
なにやら惱ましい思ひのやうだ
君らはあまり遠すぎる
まつ暗闇の月の出の 吹雪を思ふ 怒濤を思ふ
この思ひはやるせなく せつなく いぢらしく
さらでだにまつ暗闇の十萬億土のずつとの先
そこの砂丘のかげにさへ空しく眠る夢ばかり
空(くう)の空(くう) 非在(ひざい)の花
さてさやさやと今鳴りだしたばかりの茶鼎(さてい) 鼎(てい)をうつして沈默を命じ
おのれに耳かたむけ
かの花の在りかを思ふ
假幻(かげん) 非有 非在とや
――非非在
已にしておのれもそこに片肱ついたつもりでゐる

 

 

三好達治「玫瑰の花」『百たびののち』(S50.7刊)

「庭すずめ七」『百たびののち』

例年の例のとほりに
冬に入るとまた雀らが歸つてくる
柿の木の高いところに しばらく見失つてゐた數だけ集つてゐる
柿の木は裸で 彼らはすつきり恰幅がよくなつて見える
艶やかに磨きがかかつて 落ちつき拂つて見える
あのおしやべり屋がだまつてゐる
冬の日は暖かに この貧しい庭にもふりそそいでゐる
この家の主じはいささかの食餌(しよくじ)を 彼らのために毎日忘れないしきたりであるが
今年もまたその季節の間二た月ばかり 彼らはここを留守にした
さうして忘れず歸つてきた
いづれは武蔵野いちめんの田圃をかけまはつてきたのであらう
えいえいわいわい八方から集つた仲間と大騷ぎで
二百羽三百羽と群れをなして朝つぱらから
そこらのとり收れどきを荒しまはつてきたのに違ひない
お百姓さんには憎まれつ放し 迷惑のかけつ放しで
好き放題な食ひ逃げのあと 風をくらつて舞ひもどつてきた
あのおしやべり屋が だまつてゐる
それでもその數はきちんともとの一組である
まあよく無事にもどつてきたものさ

 

群盗のはてのちりぢり柿の木に
ふところ手する庭すずめ七

 

 

三好達治「庭すずめ七」『百たびののち』(S50.7刊)

「朝なりき」『百たびののち』

朝なりき靑木の蔭に
胸の和毛(にこげ)を雙の羽(は)をかいつくろふと小鶲(こびたき)の
陽は木洩れ陽の破(や)れ壁に
巷(ちまた)のこゑは遠く絶え ふとも微かにともよすに
――小雨鶲(こさめびたき)のかくれ栖(す)む
金と綠を身づくろふ華奢(かさ)なる脚と黃の嘴(はし)と
朝なりき霜はゆるびて
風なきにものの一葉のふとも落つ
陽にすきて 陽のしづく 朝の血潮
一定(いちぢやう)夏より冬にそそぐなり
さは愕(おどろ)きやすきもの 汝(なんぢ)のみかは
低き軒端をゆくやうに頸をすくめて身じろぎし
我もまた玻璃(はり)のうちためにかく愕かんとす
されどなほ
去らであれ友
太陽はいま一たび我らがために眼ざめたり
こぞの日もこの玻璃ちかく迷ひ子の 野の迷ひ子の
ふくらなる彼の孤獨を木がくれにも來ておきし
げに新しき昨日に似たり
たとふれば汚(よご)れし海のわたなかの伽羅(きやら)の流れ木
よるべも知らぬ漂泊と
脆(もろ)げなる美と沈默と 絶えずする身慄ひと
その朝の身づくろひ さて一やすみ
――今汝に於て一つなる
遠き天より一葉落ち
(さなりまぢかき出發のため)
この朝(あした)おのがじし我らに於ける愕きの その快き羽搏(はばた)きの二つに於て一つなる

 

 

三好達治「朝なりき」『百たびののち』(S50.7刊)

「茶鼎角」『百たびののち』

くろがねなればたのもしく
そのこゑさやか
さやさやと夜もすがら鳴るを友とす
ことあげ多しわが友ら
善しを善し惡しを惡ししと
憂ひいふ世のさまなれど
ある時は束(つか)ね忘れて我は倚(よ)る
やつれ釜古志(こし)の蘆屋(あしや)に
うつら聽く遠き潮騷
――嶺の嵐か松風か
たづぬる人は近ごろ不在の氣やすさに
さながらや
霜夜(しもよ)のふけの手を膝に
ゆくら旅ゆく心なり
春夏すぎてその夢は
やがて枯野をかけめぐる
鼎(てい)や 茶鼎(さてい)
多謝す汝によりてなり
ひと年これに名を呼びて其角(きかく)と命じ
その肩にもたれかかりて居睡りし日をこそ思へ
戰さにやぶれ食に飢ゑ
海のほとりをさまよひし日の夜ふけに
うつけ者うつらもの思(も)ふわが癖(へき)はとみに長じぬ
壁にむかひて酒をくみ
ある時は口(く)ごもりいひつ
かのメリケンの輩(ともがら)に敗けでもの戰さなりしよ
聞く人あらば嗤(わら)ふべし
酒つきて淚はおちき
時ふればはた省みてうとましなべて
さるからにとある冬の日 數寄(すき)をいふ友の來たりて
やつれ釜やつれを檢(けみ)し
ねたしとや わが角(かく)を あやしやといふ
まがひものならばなるべし
さもなん
主(あるじ)は知らず
よしあしは卿らにまかす
覊旅十歲(きりよととせ)わが手撫づ古志の蘆屋の――

 

 

三好達治「茶鼎角」『百たびののち』(S50.7刊)

「冬の朝」『百たびののち』

鵯どりが叫ぶ
霜のきびしい朝の庭木の梢から
襤褸(ぼろ)をまとつた利かぬ氣の婆さん
お前は近所の街角のけなげな働き手の誰かを私に思はせる
鵯どりがけたたましく叫ぶ
私はまづ何やら傷ましい感じに眼ざめつつそれに耐へる
そそつかし屋のお前がそこらの木實をそそつかしく啄むのを
私は歡迎しないものではない
私はまた高い松の梢のてつぺんにお前をふり仰いだ少年の日を憶ふ
それから私が何をしてきたことだらう
指をり數へるまでもない苦がい私の思出を私は暫く辛抱する
それでもこの庭さきの風情のない木立は
お前の来訪によつて暫くの間活氣をそへる
世界中は ともにあれ……

 

この國は いま陰鬱な冬のさなかにある
私はその空の凍てついた季節の中心に位置を占めるつもりの男だ
外界よしばらくそこに在れ
私は一碗の澁茶を味ふ
世界中は それからこの國は
私をして一碗の苦茗(くめい)にしづかに醉はしめるために存在する
私のまはりをとり圍む
かくいふならば それは手輕な私の獨ぎ合點といふものだらうか
さやう 襤褸(つづれ)をまとつて思想はかくも輕やかなこと
今日もまたひな曇る冬の朝の快感
彼女は彼女の中心から 鵯どりはまたけたたましく叫ぶ
さうして彼女は 彼女の甘き果實を啄み去つて冬の彼方に去る

 

 

三好達治「冬の朝」『百たびののち』(S50.7刊)

「かの一群のものを見る」『百たびののち』

重たくとざした灰色雲を屋根として
彼方に雪の山をおき
収穫の後に野にしろき煙たつ
枯れ木の梢むらさきに
煙はやがて靄となるに
影黑き藁塚
わづかに靑きものは麥
つつましく襟かきあはせ蹲(つく)ばへる聚落(じゆらく)々々を
日もすがら黑木の森を驅けめぐるかの一群のものを見る
ある日の旅をわがねつつ渡りの鳥はかくしつつ
その影高くしじまりて揚ると見れば網うつやうになだれたり
天(あめ)にしてかの諧調や
彼方に遠く沈みゆく一つ一つのかたき胸
熱くして快きはやき鼓動をつつみたる小さき胸の數を思ふ
なべてのものを伴へる
灰色雲のいづこにか遠くはるかに彼ら歌うたふ野の梢にまで

 

 

三好達治「かの一群のものを見る」『百たびののち』(S50.7刊)