三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「晝の夢」『駱駝の瘤にまたがつて』

住みなれし山にすまひし
ゆきなれし小徑(みち)をゆきき
ききなれし澗(たに)のせせらぎ
あぢあまきみづのみなもと
くさをわけ
きりぎしをとび
うなじふせつまとのむ
わきてこの
八月のひるのすがしさ
ふともわが思ふなりけり
山ふかき林にすまふ
けだものののかかるあはれを
角たかく脚はかぼそき
めのかたはまなこやさしき
斑(ふ)じろの鹿の
木がくれのかかるあけくれ
けだものの身にはあらねど
げにいまは世にも人にも
かびくさき書(しよ)にもえうなし
白雲(はくうん)のたちわくところ
ただ思ふ
よきつまとわれらもすまん
たき木こり
澗(たに)にみづくみ
花のたね庭にまかばや
白日のおろかが夢と
これを知れゆかしからずや
晝の夢夏の夢ひとりゐの夢

 

 

三好達治「晝の夢」『駱駝の瘤にまたがつて』(S27.3刊)