読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「寒柝」『寒柝』

星冴え
山山か黝くたたずみ
聚落(じゆらく)寂莫として
灯火(ともしび)暗く睡れるに
丁鼕(ていとう)とはるかに馨あり
風死し
水渇れ
何ものの應ふるなきに
丁鼕と馨はひとり寒天に起り
闃(げき)たる彼方を步み來る
夜深くして睡らざるもの
凛烈たる意志
聽けそは如何に耳朶にこころよきかな
地表のものすべて今は結氷し 氷割(ひわ)れ 假死し
この尊ぶかき聚落の頭上滿天に
欄干(らんかん)たる星辰のみただ頻りにわななける折しも
ここに戞然として擊柝(げきたく)の馨路上にあり
そはわが窓下を過ぎ
遠く彼方に去る
頗る深省を發せしむるもの
まことに警世の馨といふべし
げにそは三更の夜陰を劈(つんざ)く
今日の日の凄烈たる意志――

 

「寒柝」『寒柝』全文