三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「すずしき甕」『駱駝の瘤にまたがつて』

天澄み 地涸き
ものみな磊塊
一つ一つに嘆息す
土塁頽(くづ)れ夷(たひ)らぎ
石みな天を仰げり
寂たるかな
三旬雨降らず
されば羊も跪づき
ともしき夢を反芻す
風塵しばらく小止(をや)み
畑つものなほ廣葉圓葉(まろば)のさゆらぐを見る
かかる時なお拮槹(きつかう)かしこに動き
再び動きてきしり止みぬ
いとけなき起居(たちゐ)のさまや
貧しき乙女の半裸なるしばしは井(ゐ)のほとりにくぐもりゐしが
――まことに彼女は時劫に禱るさまなりしが
步どりはやくひたひたとしたたる甕を運び去るなり
我は見る
かの乙女子のかくて彼方に
片なびく柳がくれにひたひたとすずしき甕をその胸に
重たげにはた輕げに人の世の無限の時を運びて去るを

 

 

三好達治「すずしき甕」『駱駝の瘤にまたがつて』(S27.3刊)