三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「王孫不歸」『駱駝の瘤にまたがつて』

    王孫遊兮不歸 春草綠兮萋萋――楚辭

 

かげろふもゆる砂の上に
草履がぬいであつたとさ

 

海は日ごとに靑けれど
家出息子の影もなし

 

國は亡びて山河の存する如く
父母は在(おは)して待てど

 

住の江の 住の江の
太郞冠者くわじゃこそ本意(ほい)なけれ

 

鷗は愁い
鳶は啼き

 

若菜は萌ゆれ春ごとに
うら若草は野に萌ゆれ

 

王孫は
つひに歸らず

 

山に入り木を樵(こ)る翁
家に居て機織る媼(おうな)

 

こともなく明けて暮る
古への住の江の

 

浦囘(うらわ)を
想え

 

後の人
耳をかせ

 

丁東(ていとう) 丁東
東東

 

きりはたり きりはたり
きりはたり はたり ちやう

 

 

三好達治「王孫不歸」『駱駝の瘤にまたがつて』(S27.3刊)