三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「行人よ靴いだせ」『駱駝の瘤にまたがつて』

行人よ靴いだせ
行人よ靴いだせ
脂ぬり刷毛はかん
泥(ひぢ)はらひ釘うたん
鋲うたん
革うたん
靴いだせ行人よ
行人よ靴いだせ
故鄕の柳水にうなだれ
塵たかくジープは走れ
掘割にゆく舟を見ず
街衢みな平蕪
ボイラー赤く錆び
蛇管(だくわん)は草に渇きたり
ここにして筇(つゑ)つき停(た)つな
巷路暮春の風
いかなれば聽くを須ゐん
天ひろく
眼はむなし
つばくらら肱をめぐりて
地にしける甍をかすむ
路はただ水に隨ひ
直としてすゑは靑めり
わが昔中學に通ひし路なり
ゆくところ麥の穗はうれ
大根の花こぼれ散り
月見草あるは晝咲く
ああこれ狭斜の地歌舞の跡
綺語臙脂沈麝の薰り
婀娜たりや夢も亦…… 智慧の環の
見ればつとほぐれて走る蛇(くちなは)のうせてのち――
日は蝕と
日は蝕と人よぶ聲す
襤褸(らんる)の子ものかげに天をあふげり
されどまた路傍の石にかしましく
行人よ靴いだせ
行人よ靴いだせ
脂ぬり刷毛はかん
糸かがり針ぬはん
鋲うたん
革うたん
靴いだせ行人よ
行人よ靴いだせ
あはれまたここも闇市
あてどなき喪家の犬か
えうもなきすゑの世をわれはゆきゆけ
ありとなし思出も亦
ジープただ北し南す
ふるさとの暮春の巷
………………………
行人よ靴いだせ

 

 

三好達治「行人よ靴いだせ」『駱駝の瘤にまたがつて』(S27.3刊)