三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「いただきに煙をあげて」『駱駝の瘤にまたがつて』

いただきに煙をあげて――
いただきに煙をあげて走つてくる大きな波
ああこの沖の方から惡夢のやうに額をおしつけてくる獸ものたち
起ち上り起ち上り 起ち上り
まつ暗な重たい空の重壓から無限におしよせてくる意志 厖大な獸ものの頭蓋
さうしてその碎け飛ぶ幻影(まぼろし)
束の間の丘陵とまたその谿間と
遠く遠くはてしない闇黑の四方に飜り揉みあふこゑ
いたあきに煙をあげて 煙をあげて走つてくる大きな波
起ち上り起ち上り 起ち上る
まつしろなその穗がしら――
ながい時間のあひだ私の見つめてゐた幻影(まぼろし)
ああこの一つの展望から さやうなら 今はもう私のたち去る時だ
私の精神の上に 苦しく懷しい季節はかくして通りすぎた――然り私はもうこの岩礁の上からたち去るだらう
ふたたびここに歸る時なく
飛沫にぬれた外套の中に凍りながら
彼方に促されてたち去るだらう
ももと 自由ではない
――駒鳥も冬はうたはぬ
かくして彼方に遠のいてゆく遠雷のやうな海鳴りの上に
私はふたたび人の名を呼ばないでせう

 

 

三好達治「いただきに煙をあげて」『駱駝の瘤にまたがつて』(S27.3刊)