三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「けれども情󠄁緖は」『駱駝の瘤にまたがつて』

けれども情󠄁緖は春のやうだ
一人の老人がかう呟いた
燒け野つ原の砌(みぎり)の上で
孤獨な膝をだいてゐる一つの運命がさう呟いた
妻もなく家庭もなく隣人もなく
名譽も希望も職業も 歸るべき故鄕もなく
貧しい襤褸(らんる)につつまれて 語られ終つたわびしい一つの物語り
谿間をへだてた向うから呼びかへしてくる谺のやうな 老人がさう呟いた
かひがひしい妻 やさしい家族 暮しなれた習慣と隣人と
そのささやかな幸福のすべてがかつてそこにあつた
燒け野つ原の砌(みぎり)の上で
薄暮の雨に消えてゆく直線圖形の掘割のむかうの方
みづがね色の遠景に畸型に歪んでおびえてゐる戰災ビルの肩を越えて
病氣の貧しい子供らが歌ひはじめる唱歌のこゑ――
それはまばらにさむざむと またたのしげに 瞬きはじめた都會の灯(ひ)
ああその薔薇いろの瞳(ひとみ)とほく輝きはじめた眼くばせが
しかしいま私に何のかかはりがあらう
そのまたずつとむかうの空に重たく暗く沈んでゆく山脈に
けふの私の一日が遮ぎり斷たれ つひには虛無にしまひこまれて消えていく黃昏時に
いつまでもいつまでも
空しく風にゆれてゐる柳のかげをたち去らぬこのおだやかな このつかれた この孤獨な情󠄁緖は 情󠄁緖はまるで春のやうだ……
一人の老人が額をふせてさう呟いた
けれども情󠄁緖は 情󠄁緖はまるで春のやうだ
しのしのとのび放題に生ひ繁つた草つ原
――その枯れ枯れにうら枯れはてたそこらあたりに
おもたく澱んだ掘割の水がくされてゐる
そこいらいちめん崩れかかつた煉瓦塀の間から 雀の群れが飛びたつた
氣まぐれな思出のやうに 一つ一つ弱い翼を羽ばたいて
巷の小鳥も飛び去つてゆく夕暮れだ
霧のやうに降つてくるしめつぽい冬の雨の中で
けれども情󠄁緖は 情󠄁緖はいまこの男に
朧ろにかすんだ遠い日の櫻日和を思はせた
遠い沙漠の砂の上でひもじく飢ゑて死んでゆく蝗のやうな感情に
とぼしい光の落ちかかるうすぼんやりした內景から聽き手もなく老人はひとり呟いた
けれども情󠄁緖は 情󠄁緖はまるで春のやうだ

 

 

三好達治「けれども情󠄁緖は」『駱駝の瘤にまたがつて』(S27.3刊)