三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「なれは旅人」『故鄕の花』

幾山河(いくやまかは)
越路(こしぢ)のはてのさくら花
か靑き海を松が枝に
かへり花さく日の空に
小鳥は鳴けど音はさびし
――音はさみし
なれは旅人
旅人よ
樹かげにいこへ
こはこれなれが國ならず
旅人よ
なべてのことをよそに見て
つめたき石にもいこへかし
まことになれが故鄕(ふるさと)はなほかなたに遠し
はるかなるその村ざとにかへりつくまでは
旅人よ
つつしみて言葉すくなく
信(しん)なきものの手なとりそ
ただかりそめのまこともて彼らが肩に手なおきそ
さみしき彼らが背(そびら)を見るに慣れてあれ
されどなれは旅人
旅人よ
樹かげにいりて
つめたき石にもいこへかし

 

 

三好達治「なれは旅人」『故鄕の花』(S21.4刊)