三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「淚をぬぐつて働かう」『砂の砦』

——丙戊歲首に

 

みんなで希望をとりもどして淚をぬぐつて働かう
忘れがたい悲しみは忘れがたいままにしておかう
苦しい心は苦しいままに
けれどもその心を今日は一たび寛がう
みんなで元氣をとりもどして淚をぬぐつて働かう

 

最も惡い運命の颱風の眼は過ぎ去つた
最も惡い熱病の時は過ぎ去つた
すべての惡い時は今日もう彼方に去つた
樂しい春の日はなほ地平に遠く
冬の日は暗い谷間をうなだれて步みつづける
今日はまだわれらの曆は快適の季節に遠く
小鳥の歌は氷のかげに沈默し
田野も霜にうら枯れて
空にはさびしい風の声が叫んでゐる

 

けれどもすでに
すべての惡い時は今日はもう彼方に去つた
かたい小さな草花の蕾は
地面の底のくら闇からしづかに生れ出ようとする
かたくとざされた死と沈默の氷の底から
希望は一心に働く者の呼聲にこたへて
それは新しい帆布をかかげて
明日の水平線にあらはれる

 

ああその遠くからしづかに来るものを信じよう
みんなで一心につつましく心をあつめて信じよう
みんなで希望をとりもどして淚をぬぐつて働かう
今年のはじめのこの苦しい日を
今年の終りのもつとよい日に置き代へよう

 

 

三好達治「淚をぬぐつて働かう」『砂の砦』(S21.7刊)