三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「橫笛」『故鄕の花』

幼き子らが月日ごろ
なにの愁ひをくれなゐの唇(くち)もきよらに
つれづれと吹きならひけん
いまほのぐらきものかげの
かばかり塵にうづもれてふしまろびたる橫笛
昨日子らは晴衣きて
南のかたに旅だちぬ
――かくはえうなく忘られて朱(あけ)もふりたる歌口を
ありのすさびのなつかしき幼なごころに
ふともわが吹けども鳴らず
吹けども鳴らず
鳴らねども
うつうつと眼をしとづればうらさびて
わが心のみ秋風にさまよひいでつ
くちずさむうたのひとふし

 

國は亡びて山河あり
城春にして
萌えいづる
萌えいづる
草のみどりを
ふみもゆけ
つばくらならば
はたはまた
ここの廣野にかへりこん
――かへりこん
心ままなる空の子よ
あとなき夢よ
春風の
柳の糸のたゆたひに

 

ふるるひよう
ひようふつと吹けばかすかに音をたてぬ
世は秋風の蕭條と
色もふりたる蛭卷の うつろの闇の 夢の香の
あればまたこの夕風にうごくとよ
老がを指をふるはせて……
ふるるひよう
ひようふよう
ふひよう
ひよう
調(てう)のけぢめも音(ね)のいろもさびおとろへて
いと遙かいと微かいと消ぬがにも たどたどと
ふみゆく歌の步どりや
夕木枯のとどろくに
盲(めしひ)の嫗(うば)が燭(そく)もなく手さぐりつたふ渡殿(わたどの)の
かずの隈々(くまぐま)……
ふひよう
ひよう
ふひよう
ひよう
ふひよう
さるからに 遠稻妻のかき消えて 夕顔の花のほの白う
おどろのかげのみじろぐに
わが吹く息もをののくか 弱くみじかく
あるは絕え あるはを休み
またよべばまたもこたへぬ
ふるる
ふるるひよう
ふひよう
されどこは笛の音いろもさしぐみて
ひとしほにまた廓寥(くわくれう)としてしはがれてふしはひとふし
たとふれば尾花がすゑに沈みゆく
渡りの鳥の
ひと群れの
いよいよに
遠き
羽風か

 

――音も絕えて
額(ひたひ)もさむく汗ばみぬ
げにいまは
夢なべてかなたに去りぬ
香もにがく菊はうら枯れほろびたり
こはすでに何のあはれぞ……
からび皺しわだみ節だちし
手もて涙はぬぐふべし
老がなげきはただひめよ
まことに笛は幼(をさな)らが
すさびのうつは
かかる日のはての日頃の手にとりそ
忘れても手になとりそね
かげもなくゆかりの色のさめはてて
さはかたくうつろの闇の扉(と)もとぢし歌の器は――

 

 

 

三好達治「橫笛」『故鄕の花』(S21.4刊)