読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「さくらしま山」『故鄕の花』

いるかとぶ春の海原
しぐれふり
やがてかくろふさくらしま山

九天ゆ直下す三機
あなさやけ
さくらしま山雲のかげ見ゆ

いくさある海のはてよりかへりこし
いくさぶねはつ
さくらしま山

   ○

ふたくさのこほろぎのこゑおこるなり
庭の畑に
日のてるしづか

海靑し
小松林のいろ靑し
あきつは赤し
旅ははてな

松靑し
山は小松のいろ靑き
かなたゆひそか
海のこゑきこゆ

あかあかとたちし赤松
むざと伐られ
くだかるるなり
海の音かなた

吃々となく百舌の鳥
けふの秋
眉をふく風
丘並木道

秋はまた
馬の蹄のおとあはれ
つと見えそめし
海のいろあはれ

   ○

わがふむは
かへる日もなき旅の夢
鴉五六羽もだすしら砂

雄島あはれ
雌島もあはれ
うちわたす空のかぎりを
吹く秋の風

春去りしかごめの鳥も
かへりこぬ
越路をふくは
ただ秋の風

   ○

ま日てれる
蓮芋畑をくる雇員
南瓜畑を
走りけるかな

   ○

秋ふけて
雲雀の子らのなくころと
なりにけるかな
洛東江

秋ふかき大根畑になく雲雀
ひそかなりけり
洛東江

あめの牛
堤にたちて艸はめり
ここにてめぐる
洛東の水

大鴉
影もみだれて飛びにけり
江上にして
なくこゑあはれ

 

三好達治「さくらしま山」『故鄕の花』全文