三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「時雨の宿」『故鄕の花』

かすかなる
かすかなる聲はすぐ
はらはらと今ふりいでし雨の音
ひそかに軒を走る夜
時雨ふるかかる夜頃を音もひくく
渡るは何の鳥ならん
かすかなる
かすかなる聲はすぐ

 

聲はかたみに呼びかはし
ちちとのみただひくくかすかに
かたみにつまをたのむらんこたへかわして
稻妻のかき消すごとく
闇の夜空をはや遠くかすめて去りぬ
深沈として風は落ち
燈火くらく人はみな眠れる巷
甍も寒き屋の棟を
時雨の雨にぬれぬれて
かすかなる
かすかなる聲はこなたにかへりくる

 

げにこぞの日のかかる夜も
時雨の宿のつれづれに
冬ちかき海の遠音にまじらひて
かすかなる
かすかなる
かかるすずしき音をききし
思出のいまはたあはれ
あはれかく古りゆくをただふりゆかしめて
あともなき
ひとむれの聲のゆくへや

 

 

三好達治「時雨の宿」『故鄕の花』(S21.4刊)