読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「梅林小歌/-相模野乙女に代りてうたへる」『寒柝』

み軍(いくさ)はみなみにすすみ
西東一萬海里
天つ日の光ひた射す
海原に陸(くが)に小島に
日のみ旗なびかひゆかず
しのびつつ初夏の野に
ほととぎす啼きわたる日に
あまさかるひなの乙女が
うたうたひいく日か摘める
これはこれ梅のまろ實ぞ

 

しろたへの富士の高嶺を
まなかひにふりさけあふぐ
畑なかに香もかぐはしく
花さける梅が枝のうめ
靑き實のつぶらつぶらを
家々にとりあつめたる
ひろ庭に筵(むしろ)しき干し
紫蘇の葉の色にも香にも
けざやかにめでたく染めし
これはこれ里のはまれぞ

 

いざ食(お)させますらをのとも
路もなきジャングルをわけ
鰐のすむ水をわたりて
鐵兜しのびの緒さへ
ときたまふいとまはあらぬ
追擊のいくさのなかば
み佩刀(はかせ)ははかせたるまま
火銃(ほづつ)さへ膝によこたへ
束の間の晝餉(ひるげ)したまふ
芭蕉葉のすずしきかげに

 

ふるさとの野ぺのものこそ
かかる時あななつかしと
あるはまた爆擊行の
任はててかへるさの空  スコールのすぎゆくあとを
編隊の翼かろらに
全機無事基地にむかはす
靑空に食させてよかし
けふの日のいくさの手柄  かたりつつ武運めでたく

 

はたはまた千尋(ちひろ)の海を
かづきゆく幾萬海里
高波も颶風(はやち)もものか
あたの海ふかくしぬびて
一擊の機をまたすらん
あなたふと潛水艦に
乘組ますますらをのとも
たまゆらのいこふまもなき
ところせき機関のひまに
食させてよ賤(しず)が手(た)づくり

 

さねさし
さがみの野ぺの乙女子が
赤きこころにそめし梅の實

 

「梅林小歌/-相模野乙女に代りてうたへる」『寒柝』全文