三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「毀れた窓」『一點鐘』

廢屋のこはれた窓から
五月の海が見えてゐる

 

硝子のない硝子戸越しに
そいつが素的なまつ晝間だ

 

波は一日ながれてゐるその額緣に
ポンポン船がやつてくる

 

灰色の鷗もそこに集つて
何かしばらく解けない謎を解いてゐる

ぽつかり一つそんな時鯨がそこに浮いたつて
よささうな鹽梅風にも見えるのだ

 

それをぼんやり見てゐるとどういふものか
俺の眼にはふと故郷の街がうかんできた

古い石造建築のどうやら銀行らしいやつの
くつきりとした日かげを俺が步いてゐる

 

まだ二十前の俺がそれから廣場をまた突切てゆくのだ
ああそれらの日ももうかへつては來なくなつた……

 

そんな思出でもない思出が
隨分しばらく俺の眼さきに浮んでゐた

どういふ仕掛けの窓だらう
何しろこいつは素的な窓だ

 

丘の上の
松の間の

 

廢屋のこはれた窓から
五月の海が見えてゐる

 

三好達治「毀れた窓」『一點鐘』(S16.10刊)