読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「日まわり」『艸千里拾遺』

橋の袂の日まわり
床屋の裏の日まわり
水車小屋の日まわり
交番の陰の日まわり
頽れた築地の上に聳えた
路ばたの墓地の日まわり
丘の上の洒落た一つ家
そのまた上の 女學校の 寄宿舎の
庭の日まわり
ああ日まわり
日まわり
それは旺んな季節の洪水
七月 この海邊の町を不意打して
この小さな町をとりかこみ 占領し
彼らの眞晝の凱歌をうたふ
日まわり
日まわり
彼方街はづれの踏切にも
此方天守の崩れた城址にも
ここかしこ 到るところに
いま一ひらの雲もない靑空をささげて咲いた日まわり
日まわり
若き日のわが夢のかずかず
…………………………
しかはあれその花の一輪にだも
今日の日のわれが望みはしかざるなり
げにその花の一輪にだも
海の音彼方に高き日ざかりを
いまこの町をゆきゆきて
なほその花の下陰にわれは立つとも

 

三好達治「日まわり」『艸千里拾遺』全文