読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「僕は」『測量船』

 さう、さうだ、笛の心は慰まない、如何なる歌の過剩にも、笛の心は慰まない、友よ、この笛を吹くな、この笛はもうならない。僕は、僕はもう疲れてしまつた、僕はもう、僕の歌を歌つてしまつた、この笛を吹くな、この笛はもうならない、——昨日の歌はどこへ行つたか? 追憶は歸つてこない! 春が來た、友よ、君らの歌を歌つて呉れ、君らの歌の、やさしい歌の悲哀で、僕の悲哀を慰めて呉れ。

 

 昨日の歌はどこへ行つたか? 思出は歸つてこない! 昨日の戀はどこへ行つたか? やさしい少女は歸つてこない! 彼女はどこへ行つたか? 昨日の雲は歸つてこない! ああ、いづこの街の黃昏に、やさしい彼女の會話があるか、彼女の窓の黃昏に、いかなる會話の微笑があるか、僕は、僕はもう知らない、春が來た、友よ、君らの歌を歌つて呉れ、君らの歌の、やさしい歌の悲哀で、僕の悲哀を慰めて呉れ。

 

 僕は今日、春淺い流に沿つて、並樹の影を步いたのだ、空は曇つてゐた、僕は、野景に、遠い畑や火見櫓を眺めたのだ、森の梢に鶫が光つて飛んでゐた。風に、高壓線が鳴つてゐた。それから、いろいろの悲しい憧憬れが、僕に、僕の頰に、少し泪を流したのだ、僕は、僕は疲れて歸つて來たのだ、僕はもう追憶の行衞を知らない、友よ、春が來た、君らの歌を歌つて呉れ、君らの歌の、やさしい歌の悲哀で、僕の悲哀を慰めて呉れ。

 

三好達治「僕は」『測量船』(S5.12刊)