読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

『艸千里』

「汝の薪をはこべ」『艸千里』

春逝き夏去り今は秋 その秋のはやく半ばを過ぎたるかな耳かたむけよ耳かたむけよ近づくものの聲はあり 窓に帳帷(とばり)はとざすとも訪おとなふ客の聲はあり落葉の上を歩みくる冬の跫音 薪(まき)をはこべああ汝汝の薪をはこべ 今は秋 その秋の一日(ひと…

「廢園」『艸千里』

春夏過ぎて秋はきぬわがこころの園生に蟲啼けりあはれなる蟲は啼けり木にも草にも荒れ蕪れて また荒れ蕪れしあかつきの わがこころの園生におん墓ありその日より ここにとこしへにおん墓あり君知りたまふや愚かなるわがためには そは二つなき思出の奧津城な…

「紅花一輪」『艸千里』

なつかしき南の海……なつかしきは伊豆の國かな二日三日 わがのがれきてひとり愁ひを養へる宿のうしろのきりぎしのほのぐらき雜木まじりにひともとたてるやぶ椿いま木洩れ陽のかげうごくふとしも見ればここだくの花は古りたる もも枝のそのひと枝ゆこの朝(あ…

「涙」『艸千里』

とある朝(あした) 一つの花の花心から昨夜(ゆうべ)の雨がこぼれるほど 小さきもの小さきものよ お前の眼から お前の睫毛の間からこの朝(あした) お前の小さな悲しみから 父の手にこぼれて落ちる 今この父の手の上に しばしの間 温かいああこれは これ…

「蟬」『艸千里』

蟬といふ滑車がある。井戸の樞の小さなやうなものである。和船の帆柱のてつぺんに、たとへばそれをとりつけて、それによつてするすると帆を捲き上げる時、きりきりと帆網の軋るその軋音を、海上で船人たちは蟬の鳴聲と聞くのである。セミ、何といふ可憐な物…

「廢馬」『艸千里』

遠く砲聲が轟いてゐる。聲もなく降りつづく雨の中に、遠く微かに、重砲の聲が轟いてゐる。一發また一發、間遠な間隔をおいて、漠然とした方角から、それは十里も向うから聞こえてくる。灰一色の空の下に、それは今朝から、いやそれは昨日からつづいている。…

「おんたまを故山に迎ふ」『艸千里』

ふたつなき祖國のためとふたつなき命のみかは妻も子もうからもすてていでまししかの兵つはものは つゆほどもかへる日をたのみたまはでありけらしはるばると海山こえてげに還る日もなくいでまししかのつはものは この日あきのかぜ蕭々と黝みふくふるさとの海…