三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

2017-06-22から1日間の記事一覧

「薪を割る音」『砂の砦』

けふ 薪を割る音をきく彼方 遠き野ずゑのかた岡に日もすがら薪を割る音をきく丁東 東々松も柏も摧かるる音をきく春は來ぬものなべて墓場の如き沈默にねむりたる冬の日は去りしづかに春はめぐりくるけふその音のされどわが心には如何にうらがなしくもひびくか…

「我ら戰爭に敗れたあとに」『故卿の花拾遺』

我ら戰爭に敗れたあとに一千萬人の赤んぼが生れた だから海はまつ靑で空はだからまつ靑だ 見たまへ血のやうなぽつちりと赤い太陽 骨甕へ骨甕へ 骨甕へ齡とつた二十世紀の半分は 何も彼もやり直しだと跛(びつこ)の蛼(こほろぎ)葉の落ちつくした森の奧 ま…

「荒天薄暮」『故鄕の花』

天荒れて日暮れ沖に扁舟を見ず餘光散じ消えかの姿貧しき燈臺に淡紅の瞳かなしく點じたり晩鴉波にひくくみな聲なく飛びあわただしく羽(はね)うちいそぐさは何に逐はるるものぞ慘たる薄暮の遠景にされどなほ塒あるものは幸なるかな天また昏く雲また疾し彼方…

「なれは旅人」『故鄕の花』

幾山河(いくやまかは)越路(こしぢ)のはてのさくら花か靑き海を松が枝にかへり花さく日の空に小鳥は鳴けど音はさびし――音はさみしなれは旅人旅人よ樹かげにいこへこはこれなれが國ならず旅人よなべてのことをよそに見てつめたき石にもいこへかしまことに…

「朝はゆめむ」『故鄕の花』

ところもしらぬやまざとにひまもなくさくらのはなのちりいそぐをいろあはきさくらのはなのひまもなくななめにちるをあさはゆめむさくらのはなのただはらはらとちりいそぐをはらはらとはなはひそかにいきづきてかぜにみだれてながるるをやみてまたそのはなの…

「願はくば」『花筐』

願はくばわがおくつきに植ゑたまへ梨の木幾株(いくしゆ) 春はその白き花さき秋はその甘き實みのる 下かげに眠れる人のあはれなる命はとふな いつよりかわれがひと世の風流はこの木にまなぶ それさへや人につぐべきことわりのなきをあざみぞ いかばかりふか…

「身は老いて」『花筐』

身は老いて憂ひは深し 事しげく言はみじかし かくばかりながく忍びしこころをば誰に語らん 冬の夜の暗き巷をあてどなくさまよふのみぞ すべもなし今はせんなし わがふるき怒りは眼ざめあたらしき泪はながる すべもなき心のためにあがなひし水仙の花 外套の袖…

「人の世よりも」『花筺』

人の世よりもやや高き梢に咲ける桐の花そは誰人のうれひとやありとしもなき風にさへ散りてながるる散りてながるる桐の花藥の香ほどほろにがいほろにがい香に汗ばみてやがては土におとろふるあはれはふかい桐の花ああ桐の花なにか思ひにあまる花 そはこの花の…

「明日は死ぬ人のやうにも」『花筐』

明日は死ぬ人のやうにも思ひつめてわがゆきかよひし山路よ樫鳥一羽とぶでない深い空しい黃昏の溪間ああもうそこを樵夫も獵師も炭燒も今はかよふ時刻でない深い溪間その溪の向ふにのつてりと橫はる枯艸山その巓の枯れ枯れの雜木林雜木林に落ちかかる仄かに銳…

「明日は死ぬ人のやうにも」『花筐』

明日は死ぬ人のやうにも思ひつめてわがゆきかよひし山路よ樫鳥一羽とぶでない深い空しい黃昏の溪間ああもうそこを樵夫も獵師も炭燒も今はかよふ時刻でない深い溪間その溪の向ふにのつてりと橫はる枯艸山その巓の枯れ枯れの雜木林雜木林に落ちかかる仄かに銳…

「遠き山見ゆ」『花筐』

遠き山見ゆ遠き山見ゆほのかなる霞のうへにはるかにねむる遠き山遠き山山いま冬の日のあたたかきわれも山路を降りつつ見はるかすなりかのはるかなる靑き山山いづれの國の高山か麓は消えて高嶺のみ靑くけむれるかの山山彼方に遠き山は見ゆ彼方に遠き山は見ゆ…

「曲浦吟」『覊旅十歲』

鷄鳴のこゑはるかなるわがすまふ町はかなたに波の上に夜明けそめたり炊煙は白くたたずみ靑霞み木の間になびくをちかたは風起こるらしたまくしげ函嶺の山によべの雲やうやく動く勢ひのはやからんとすなか空にとぶ鷗どり川口にしら波たちて橋わたる三輪車見ゆ…

「淺春偶語」『一點鐘』

友よ われら二十年も詩うたを書いて已にわれらの生涯も こんなに年をとつてしまつた 友よ 詩のさかえぬ國にあつてわれらながく貧しい詩を書きつづけた 孤獨や失意や貧乏や 日々に消え去る空想やああながく われら二十年もそれをうたつた われらは辛抱づよか…

「南の海」『艸千里』

南の海のはなれ小島に色淡き梅花はや兩三枝開きそめたり まだ萠えぬ黃なる芝生に 古き椅子ありわれひとり腰をおろさん…… 遠くふくらみたる海原と空高く登りつめたる太陽と 土赭きひとすぢ路と彼方の村と われはこのかた岡に いま晝は色こまやかに描かれたる…

「十一月の視野に於て」『測量船』

倫理の矢に命あたつて殞ちる倫理の小禽。風景の上に忍耐されるそのフラット・スピン! 小禽は叫ぶ。否、否、否。私は、私から墮ちる血を私の血とは認めない。否! しかし、倫理の矢に命つて殞ちる倫理の小禽よ! ★ 雲は私に吿げる。――見よ! 見よ! 如何に私…

「草の上」『測量船』

★ 野原に出て坐つてゐると、私はあなたを待つてゐる。それはさうではないのだが、 たしかな約束でもしたやうに、私はあなたを待つてゐる。それはさうではないのだが、 野原に出て坐つてゐると、私はあなたを待つてゐる。さうして日影は移るのだが―― ★ かなか…

「落葉」『測量船』

秋はすつかり落葉になつてその鮮やかな反射が林の夕暮を明るく染めてゐる。私は靑い流れを隔てて一人の少女が薄の間の細道に折れてゆくのを見る。そこで彼女はぱつちりと黑い蝙蝠傘をひらく。私は流にそつて行く。私は橋の袂にたつ。橋の名は「こころの橇」…