三好達治bot(全文)

twitterで運転中の三好達治bot補完用ブログです。bot及びブログについては「三好達治botについて」をご覧ください

「冬の朝」『百たびののち』

鵯どりが叫ぶ霜のきびしい朝の庭木の梢から襤褸(ぼろ)をまとつた利かぬ氣の婆さんお前は近所の街角のけなげな働き手の誰かを私に思はせる鵯どりがけたたましく叫ぶ私はまづ何やら傷ましい感じに眼ざめつつそれに耐へるそそつかし屋のお前がそこらの木實を…

「かの一群のものを見る」『百たびののち』

重たくとざした灰色雲を屋根として彼方に雪の山をおき収穫の後に野にしろき煙たつ枯れ木の梢むらさきに煙はやがて靄となるに影黑き藁塚わづかに靑きものは麥つつましく襟かきあはせ蹲(つく)ばへる聚落(じゆらく)々々を日もすがら黑木の森を驅けめぐるか…

「酩酊」『百たびののち』

水を涉りまた水を涉りわれら綠の野をすぎわれら丘と谷間と山々とを越え國のはて 異國の浦々を舟渡(ふなわた)りぬ茫々と風にふかれ地上を高く飛び去りゆく雲にまぎれ幻の駱駝の瘤にまたがつてある日は陽炎にゆられゆられてさわれらかくいつさいのものから遠…

「水の上」『百たびののち』以後

黑くすすけた蘆(あし)の穗に冬の水が光つている冬の川が流れている霞のおくに煤けて落ちる夕陽にむかつて川蒸汽が遠く歸つてゆく昨日の曳船を解き放つてひとりぽつちの川蒸汽が帰ってゆく身輕になつた 船脚で――古い記憶だ 噫かのなつかしい人格地上の友 地…

「わが手をとりし友ありき」『百たびののち拾遺』

わが手をとりし友ありき友はみな彼方に去りぬ 花ならば自(みづか)ら摧(くだ)く古き曆を破りされ ひややかに且はほのめくわれは自らわが手をとる 都のほとりの夜半(やはん)なりものの音は一つ一つに沈默す 夜半の袖もほころびしわれは自らわが手をとる …

「花の香」『百たびののち』

私は思ふ 暖かい南をうけた遠い丘そこに群がる水仙花 黑潮に突出た岬かの群落を思ふのはさうして旅仕度を思ふのはこの年ごろこの季節の私の習ひ 白晝夢今日また爐邊にそれをくりかへす芳香はもう鼻をうつて 部屋に漂ふ 噫 ある年の雪の朝戰さに敗けて歸つて…

「砂の錨」『百たびののち』

百の別離百たびの百の別離の 百たびを重ねたのちに赤つさびた雙手錨(もろていかり)がごろりとここにねこんでゐる砂の上こんな奴らのことだから 素つ裸さ吹きつさらしの寒ざらしだそれでもここの濱びさし 軒つぱには陽がさして物置きだから誰もゐないそこら…

「寒庭」『百たびののち』

しぐれ空に山茶花󠄁の花󠄁が咲󠄁いたどこやらでそこここでせつせと機械の音󠄁のする場末町陽ざしの乏しいしめつぽい貧󠄁しい庭󠄁に寂しい庭󠄁のかた蔭に紅につつましくなにげなくこころは高くけふの季節をひきとつてその紅は花󠄁瓣のふちに一刷けわづかにほのかに鮮…

「不知火か」『百たびののち』

——不知火か あらず 漁(いさ)り火夜もすがら 漁り火を見る 夜もすがら天低うして風は死しはてなき時の脈搏のみこなたに やをら うちかへす闇の起き伏しまどかなるそが胸に かがやかに とおくはるかに——不知火か さなり虛しくおきつらねたるものを喪ふさらば…

「私の耳は聞いてゐる」『百たびののち』

ああ最後に 私の耳は聞いてゐる 極北の海の けふも大きな怒りをもたらして轟くのを私には何も見えない 見えないけれども と彼は呟いた何ごとの囘想にふけつてゐるのか 五萬年も古い人間の歷史よ汝の貪慾に 汝はなほもあきないかかく彼は呟いて 乏しい日ざし…

「國のはて」『百たびののち』

國のはて 國々のはて 岬々をへめぐりて見はるかしたる海の色晴れし日に ひな曇る日に人けなき燈臺の窓の硝󠄁子にしんしんと松󠄁のみどりの痛かりしその空こえてゆるやかに聲ありしその風の上に 歸りきてまたわが思ふ小夜ふけの枕べの 夢ならず眼にさやか 耳に…

「天上大風」『百たびののち』

天上大風 かぐろい風はふき起󠄁りはるかな空に雪󠄁はふる 雪󠄁はふる遠󠄁い親らの越えてこし 尾根に峠に燒き畑に 戰さの跡に雪󠄁はふる 雪󠄁はふるふる雪󠄁は 遠󠄁い親らの墓の 一丈󠄁五尺ふりつもる 夜(よ)のくだち 二更󠄁三更󠄁厩の馬は鼻󠄁を鳴らす 床を蹴る……また…

「こんこんこな雪󠄁ふる朝󠄁に」『百たびののち』

こんこんこな雪󠄁ふる朝󠄁に梅が一りんさきましたまた水仙もさきました海にむかつてさきました海はどんどと冬󠄀のこゑ空より靑い沖のいろ沖にうかんだはなれ島島では梅がさきましたまた水仙もさきました赤いつばきもさきました三つの花󠄁は三つのいろ三つの顏で…

「灰󠄁が降る」『百たびののち』

灰󠄁が降る灰󠄁が降る成󠄁層圈から灰󠄁が降る 灰󠄁が降る灰󠄁が降る世界一列灰󠄁が降る 北極熊もペンギンも椰子も菫も鶯も 知らぬが佛でゐるうちに世界一列店(たな)だてだ 一つの胡桃(くるみ)をわけあつて彼らが何をするだらう 死の總計の灰󠄁をまくとんだ花󠄁咲󠄁…

「碧落城」『百たびののち』

碧落(へきらく)に城あり層々風に鳴る邱阜(きうふ)うやうやしく跪(ひざま)づき長流はるかに廻(めぐ)る百世舊(きう)のごとし景を踐(ふ)んで人事勿忙の嘆(たん)あり歲晩淡紅の花また折からや草屋の墻根(かきね)に散りしくを見る誰ひとか煙霞(…

「閑窓一盞」『百たびののち』

憐むべし糊口に穢れたれば一盞(いつさん)はまづわが膓(はら)わたにそそぐべしよき友らおほく地下にあり時に彼らを憶ふまた一盞をそそぐべしわが心つめたき石に似たれども世に憤りなきにしもあらずまた一盞をそそぐべし露消󠄁えて天晴るわが庭󠄁の破れし甕…

「風の中に」『百たびののち』

その朝の出來事だつたそれは歌ひをはつたからわれらはじめて沈默をきいたその朝小鳥は死んだからむなしい窓の鳥籠にわれらはじめてそれをきいた風が來てわれらをとらへたわれら耳をかたむけたわれら風の中に永遠をきいた 風の波紋はひろがつて雛げしがそこに…

「故鄕の柳」『百たびののち』

草におかれてうつぶせに大きな靑い吊鐘が橋のたもとにありましたどういふわけだか知りません 腹のところのうす赤い僕らは鮠(はや)を釣りました提(ひさ)げに入れるとすぐに死ぬそれははかない魚でした 動物園の前でした動物園では虎がなくライオンがなく…

「砂上」『百たびののち』

むしやうにじやれつく仔羊どもにとりまかれてお前のからだのはんぶんもある重たい乳房を含ませながらうるさげに不精げに退屈げにけれども氣ながに――お前はお前で何かを遠くに眺めてゐる牝羊よごれてやつれていくらか老人めいて足もともたよりなげに考へごと…

「松のふぐり火」『百たびののち』

この朝(あした)拾ひあつめし松ふぐりこの夕べ飯(いひ)かしぐ焰となるよ うつらうつら竈におこるこゑをきき聽くとなく昨日の海を今日もきく うつけびと袖も袂も赤々とくらき厨にゐたりけり ありとなく消えて飛ぶ丘の上の一つ家に立つけむり 遠(をち)か…

「堀辰雄君の㚑前に」『駱駝の瘤にまたがつて拾遺』

この日蕭々として黃梅の雨ふる日、我がどち君の歸鄕を待つ。歸る人は然れども旣に白玉樓中の客にして、遺影空しく待ちえて何を語らはんすべもなし。信濃なる淺間ヶ岳にたつ煙ただほのぼのとして半霄に遠きを見るに似たらんかしこの情や。しかしてげに遙かに…

「酔歌」『駱駝の瘤にまたがつて拾遺󠄁』

空をさまよふ星だから小さい醜い星だから 星にたたへた海だから海に浮んだ陸だから 陸のこぼれた島だから島でそだつた猿だから お臀の鬼斑(あざ)は消しがたい何しろさういふわけだから チャリンコパチンコネオン燈ビンゴの玉はセルロイド パンパン孃の赤い…

「橋の袂の――」『駱駝の瘤にまたがつて拾遺』

橋の袂のチャルメラは屋臺車の支那蕎麥屋陶々亭の名もかなし要するにこれわんたんをくらわんかいの一ふしは客がないから吹く笛だ宵の九時から吹きそめて氣輕に吹けば音も輕く當座はややに花やげる親爺が茶利で君が代は千代に八千代にと吹きならす遠いえびす…

「あの頃は空が低かつた」『駱駝の瘤にまたがつて拾遺』

あの頃は空が低かつた肩が星につつかへた文なしで宿なしで彼は港をほつついた靴の踵(かかと)をひんまげて蟬のつぎはきりぎりすそれからつぎはこほろぎだ秋がきて霜がふりやさしい奴らはかくして死ぬさうして世間は靜かになり婆々あが砧をうつことだ我慢を…

「我ら何をなすべきか」『百たびののち』

傷(て)を負つてはんやになつて一羽の雉が墮ちてゆく 谿川の瀨の鳴る中をあたりに殘る谺の中を 谿のむかふへ墮ちてゆく墮ちてゆく 一度は空にあがつたが再び空に身をなげたが いづれは墮ちるものとして抛物線を墮ちてゆく 墮ちてゆく………… 夕暮れに眼をつむ…

「落ち葉つきて」『百たびののち』

落葉つきて 梢こずゑを透く陽ざし冬の夕陽をしなやかにゆりあげる彼らの仲間みなひと方にかたなびく欅の梢ここの並木の瘤こぶの老樹の肩 胸 腰腰かけほどにくねり上つたその根かたさけてよじれて傾いた變な窓からこの變てこなうつろからさへやつてくるついに…

「はるかな國から」『駱駝の瘤にまたがつて拾遺』

——詩集「二十億光年の孤獨」序―— この若者は意󠄁外に遠󠄁くからやってきたしてその遠󠄁いどこやらから彼は昨日發つてきた十年よりさらにながい一日を彼は旅してきた千里の靴󠄁を借りもせず彼の踵で踏んできた路のりを何ではからうまたその曆を何ではからうけれど…

「西へ西へ」『駱駝の瘤にまたがつて拾遺』

西へ西へ 西へなほ遠く夕燒けの彼方へさうしておれの空想は乞食のやうにうらぶれてある日の日暮れ東の國から歸つてきた 北へ北へ 北へなほ遠くかの極北へさうしてある日おれの思想は日にやけて腹をへらして南から乞食のやうによろめいて戾つてきたここらがお…

「こんな陽氣に」『駱駝の瘤にまたがつて拾遺』

こんな陽氣にジャケツを着て牡丹の奧から上機嫌で百合の底から醉つ拂つてづんぐりむつくり 花粉にまみれてまるで幸福が重荷のやうにころげでる蜜蜂 世界一列春だからなんと君らが誇りかに光りにむかつて飛ぶことだ空しい過去の窖(あなぐら)から心には痛み…

「朝だから」『駱駝の瘤にまたがつて拾遺』

朝だから鷄が鳴く燒野ヶ原のここかしこじやがいも畑や麥畑穗麥のみだれたむかふから人の住む窓も見えない遠くから 丘の上から 窪地からまだうす暗い煙突が 倒れかかつて驅け出しさうな草の上夜ののこりの影の上夜をひと夜蝶のまねした月見草もうおやすみこの…

「その時」『駱駝の瘤にまたがつて拾遺』

ゆくがいい。人生はマラソンだ。あの遠い地平線まで、そら、驅けだしたまへ。諸君は出發點に勢ぞろひして、合圖の拳銃をまつてゐる。朝はまだ早い。春の野の若草は靑々として、天候は申分がない。ああよき日なるかな。希望は海のやうだ。諸君は健康にあふれ…

「月半輪」『駱駝の瘤にまたがつて拾遺』

月半輪、無風、航路燈、海は鏡のやうだ。私は疲れて町から歸つてきた。風景は藍碧、在るものはみな牛のやうにまつ黑だ。虛無、幽玄。 私はしばらく砂の上に腰を下ろしてゐた。 舷燈さみしく、沖を渡る發動機船。遠い闇から港にかへつてくるその音、正しい鼓…

「興安嶺」『駱駝の瘤にまたがつて拾遺』

興安嶺…… いま日の暮れ方の椅子に在つて、私の思ふところは寂寞荒涼として名狀しがたい。さうして私は一葉の寫眞を膝において、私の思ふところになほ深く沈淪しようとする。どこまでも遠くつづいた山脈、遠景は雲に入つて見わけがたい山なみ、この鳥瞰圖のも…

「喪服の蝶」『駱駝の瘤にまたがつて』

ただ一つ喪服の蝶が松の林をかけぬけてひらりと海へ出ていつた風の傾斜にさからつてつまづきながら よろけながら我らが酒に醉ふやうにまつ赤な雲に醉つ拂つておほかたきつとさうだらうずんずん沖へ出ていつた出ていつた 遠く 遠くまた高く 喪服の袖が見えず…

「ちつぽけな象がやつて来た」『駱駝の瘤にまたがつて』

颱風が來て水が出た日本東京に秋が來てちつぽけな象がやつて來た誕生二年六ケ月百貫でぶだが赤んぼだ 象は可愛い動物だ赤ん坊ならなほさらだ貨車の臥藁(ねわら)にねそべつてお薩(さつ)やバナナをたべながら晝寢をしながらやつて來た ちつぽけな象がやつ…

「晝の夢」『駱駝の瘤にまたがつて』

住みなれし山にすまひしゆきなれし小徑(みち)をゆききききなれし澗(たに)のせせらぎあぢあまきみづのみなもとくさをわけきりぎしをとびうなじふせつまとのむわきてこの八月のひるのすがしさふともわが思ふなりけり山ふかき林にすまふけだものののかかる…

「すずしき甕」『駱駝の瘤にまたがつて』

天澄み 地涸きものみな磊塊一つ一つに嘆息す土塁頽(くづ)れ夷(たひ)らぎ石みな天を仰げり寂たるかな三旬雨降らずされば羊も跪づきともしき夢を反芻す風塵しばらく小止(をや)み畑つものなほ廣葉圓葉(まろば)のさゆらぐを見るかかる時なお拮槹(きつか…

「かなたの梢に――」『駱駝の瘤にまたがつて』

かなたの梢に憩ふものあり日は南 木は枯れて 空靑しまたこの冬のかばかりもさまかへし田のおもてものもなく人を見ず山低き野のすゑに憩ふものこころみになが指に數ふべし稚な兒よときの間のつれづれの汽車の窓よごれたる玻璃の陽ざしにさらばわれらがお指に…

「王孫不歸」『駱駝の瘤にまたがつて』

王孫遊兮不歸 春草綠兮萋萋――楚辭 かげろふもゆる砂の上に草履がぬいであつたとさ 海は日ごとに靑けれど家出息子の影もなし 國は亡びて山河の存する如く父母は在(おは)して待てど 住の江の 住の江の太郞冠者くわじゃこそ本意(ほい)なけれ 鷗は愁い鳶は啼…

「さやうなら日本東京」『駱駝の瘤にまたがつて』

ぽつぽつ櫻もふくらんだ旅立たうわれらの仲間名にしおふ都どり追風だ 北をさせさやうなら吾妻橋言問 白鬚さやうなら日本東京さやうなら闇市さやうなら鳩の街新宿上野のお孃さん一萬人の靴磨きさやうなら日本東京さやうならカストリ屋臺さやうなら平澤畫伯………

「行人よ靴いだせ」『駱駝の瘤にまたがつて』

行人よ靴いだせ行人よ靴いだせ脂ぬり刷毛はかん泥(ひぢ)はらひ釘うたん鋲うたん革うたん靴いだせ行人よ行人よ靴いだせ故鄕の柳水にうなだれ塵たかくジープは走れ掘割にゆく舟を見ず街衢みな平蕪ボイラー赤く錆び蛇管(だくわん)は草に渇きたりここにして…

「いただきに煙をあげて」『駱駝の瘤にまたがつて』

いただきに煙をあげて――いただきに煙をあげて走つてくる大きな波ああこの沖の方から惡夢のやうに額をおしつけてくる獸ものたち起ち上り起ち上り 起ち上りまつ暗な重たい空の重壓から無限におしよせてくる意志 厖大な獸ものの頭蓋さうしてその碎け飛ぶ幻影(…

「ここは東京」『駱駝の瘤にまたがつて』

私はあなたに敎へてあげたいここは東京 燒け野つ原のお濠端ですこんなに霧のかかつた夜ですが 女のひとよここは北京ではありません また巴里でもありませんあなたはどちらへゆかれるのでせうあなたは路にまよはれたのです私はあなたに敎へてあげたいあなたは…

「けれども情󠄁緖は」『駱駝の瘤にまたがつて』

けれども情󠄁緖は春のやうだ一人の老人がかう呟いた燒け野つ原の砌(みぎり)の上で孤獨な膝をだいてゐる一つの運命がさう呟いた妻もなく家庭もなく隣人もなく名譽も希望も職業も 歸るべき故鄕もなく貧しい襤褸(らんる)につつまれて 語られ終ったわびしい一…

「なつかしい斜面」『駱駝の瘤にまたがつて』

なつかしい斜面だおれはこんな枯草の斜面にひとりで坐つてゐるのが好きだ電車の音を遠くききながらさみしいいぢけた冬の雲でも眺めでゐようああ遠くおれの運んできたいつさいのもの思ひ疲れたやくざなおれの希望なら そこらの枯草にはふり出してしまへかうし…

「遠くの方は海の空」『駱駝の瘤にまたがつて』

遠くの方は海の空そこらのつまらぬ水たまりで小僧が鮒など釣つてゐるさみしい退屈な奴らだよいつもこんなところの木かげにかくれて油を賣つてゐるのだよ崩れかかつた堤防がぼんやりあたりを霞ませてそこいらいちめんすくすくと蘆の角がのぞいてゐるくされた…

「晩夏」『駱駝の瘤にまたがつて』

ダーリアの垣根ではダーリアを見たまつ赤に燃えるダーリアの花また日まはりの垣根では日まはりを見た重たく眩ゆくきな臭い 中華民國の勳章だ熱くやきつく砂の上で あそこでおれはいつまでも遠くむかふの三里濱の方を眺めてゐたあとからあとからあとから沖の…

「旗」『駱駝の瘤にまたがつて』

だからあの夢のやうなまつ白な建築 遠く空に浮かんだ無數の窓のうへにその尖塔のてつぺんにひるがへる旗を見よ高く高く細くまつすぐにささげられた旗竿のさきああそこにも一つの海を見る海のやうにひるがへる旗を見るああその氣流の流れるところに 波は無數…

「薪を割る音」『砂の砦』

けふ 薪を割る音をきく彼方 遠き野ずゑのかた岡に日もすがら薪を割る音をきく丁東 東々松も柏も摧かるる音をきく春は來ぬものなべて墓場の如き沈默にねむりたる冬の日は去りしづかに春はめぐりくるけふその音のされどわが心には如何にうらがなしくもひびくか…

「我ら戰爭に敗れたあとに」『故卿の花拾遺』

我ら戰爭に敗れたあとに一千萬人の赤んぼが生れた だから海はまつ靑で空はだからまつ靑だ 見たまへ血のやうなぽつちりと赤い太陽 骨甕へ骨甕へ 骨甕へ齡とつた二十世紀の半分は 何も彼もやり直しだと跛(びつこ)の蛼(こほろぎ)葉の落ちつくした森の奧 ま…